Search
  • Ai of Essencedot

The Voice of Essence ~香りを聞く会~



初サンディエゴの香りを聞く会を1月28日にサロンで開催しました。

猛威的フルーのサンディエゴ、遠方から参加してくださり、精油の香りと共にゆっくりとじっくり、贅沢な時間を一緒に紡ぎました。

2018年のテーマは女性性、そしてハートと自分と繋がる。

ハート、女性性、1月31日の皆既月食、満月前もあり、それらに関連する11種類の精油の香りを聞きながら、感じたこと、イメージしたものをシェアしながら、植物の叡智と共に精油たちの顔や個性、性格、性質を知る、深い時間。

その中から気になった精油で自分のためだけに作る香油。

皆さん素晴らしい個性ある自分だけの香りに仕上がりました。

そして、その香りを静かに聴きながらの暝想タイム。

今回参加してくれた方から、とても素敵なメッセージを頂いたので

ここでのシェアをお願いしました。

”アロマ、エッセンシャルオイルのことは、日本で、植物から搾取した、香りの液体で、お香と同じようなものかなという、浅はかな知識でした。そして、好みの香りのエッセンスオイルを買っては、三日坊主で続きませんでした。せっかくのエッセンスオイルに、申し訳ない思いをしました。それから、ずっと疎遠してました。今日学んだ11種の精油の中で1番響いたのは、"フランキンセンス"。その効用を、後で初めて知った時は、当てはまることがあり、驚きと嬉しさ、そして、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

実は、今回受けたワークショップに出会う少し前に、過去の辛い経験を何度も思い出し、悩み苦しんだり、悲しんだりしました。それは、女性から白い目で見られたり、隔離されたり、仲間割れされたり、といった、心痛い学生時代でした。女性に対する不信感、女性と関わる自信がない、臆してしまう悩みを持っていました。フランキンセンスをメインに精油をブレンドし作ったロールオン、マイ・エッセンスオイルを、手首や手のひらにつけ、顔を覆うようにして嗅ぎながら、メディテーション(瞑想)をしました。この時、辛い経験をした当時の私を、亡き祖母と現存の母が、優しく抱擁してくれている様子がみえ、安心、安定、深い愛、母性愛を感じました。ポロポロっと涙しました。

悩みやトラウマ、ネガティブな経験を解き放ち、深い傷を癒してくれるのが、この"フランキンセンス"だったのです。

別に悩む必要などなかったんだ、そのままでいいんだ、ありのままの私でいいんだ、と。今までは頭ではわかってはいたのですが、ハート(心)は解き放されていなかったのです。(辛い過去から手放してなかったということ) それが、マイ・エッセンスオイルで、"それでいいのよ。大丈夫なのよ。"と、亡き祖母と現存の母からの母性愛により、辛かったことから解き放され、深い傷を癒してくれることがわかりました。