Search
  • Ai of Essencedot

アロマセラピーとの出逢い

はじめまして。こんにちは!エッセンスドットのWEBから、ブログへお越しくださりありがとうございます。

サンディエゴ ラホヤにてアロマセラピープライベートサロン「Essence.」を運営する英国IFPA認定アロマセラピスト Ai です。


アロマセラピーは、私が初めて学んだ当時に比べ、世界中のアロマセラピストの活躍により、どんどん普及されています。


その中の一人として、私には何が出来るのか?


今年3月からスタートした講師としての自分。

アロマセラピーとの出逢いから、選び、歩いてきた道。

あっと言う間の20年でしたが、この長い時間をかけて今の私があります。


私のアロマテラピーとの出会い

はじめてアロマテラピーを学んだのは1998年。当初はまだ多くなかったアロマセラピースクールでした。

本場イギリスで学んだ講師によるリフレクソロジー、アロマセラピーが私にはとても合っていました。

プロのアロマセラピストとしてのスタート

初めてスクール外でマッサージを通し人に触れたのは、アロマセラピースクール卒業後と同時に入社した大手リラクゼーションサロン。無心でトリートメントをしているとき私自身の心もリラックス。リフレクソロジーからフルボディになるとこの気持ちはさらに大きなものとなりました。そして、ますますこの仕事が好きなりました。

実は入社時当初は少し経験を積んでから、自分でサロンをする予定でした。

ですが、サロンワークでプロとしてお仕事をすることと、スクール学ぶ立場とでは全く違いました。現場ではスクールでは経験することが出来ないことばかり。毎日が新しい発見、学びの連続でした。そこからどんどんあらゆる自然療法に興味が湧き、日々勉強が始まりました。

多くの自然療法をスクールなどでも学びながら、大手リラクゼーションサロン、THE BODY SHOPリフレクソロジーサロン、メディカル・クリニックでなどでの経験を積んでいきました。

リッツ・カールトンでの研修、スイスホテルのアムリタスパでの研修を得て、スパセラピストとなりました。スイスホテルのアムリタスパではマネージャー兼ホットストーンセラピーのインストラクターとして、とても貴重な経験をさせて頂きました。

アメリカへ来るきっかけ

海外で自分を試してみたいと思いました。アメリカでその機会に恵まれ、サンフランシスコでサロン、スパでセラピストのお仕事と海外での生活が始まりました。


日本と違いアメリカでマッサージ、エステの仕事をするには州のライセンスが必要です。

マッサージセラピスト、エステティシャンライセンス取得のため、一からアメリカでスクールへ通い学びました。


日本とアメリカでのセラピストとしての学びと経験。いろんな違いに戸惑いながらも、両国の良いと思う部分を自分のものに出来る経験となりました